仮想通貨の限定コミュニティはこちら公式ラインに登録して無料でプレゼントをもらう

仮想通貨のEthereum(イーサリアム)の購入方法や買い方は?今後の見通しや将来性について徹底分析してみた

Ethereum(イーサリアム) 購入方法 買い方 今後の見通し 将来性BaaS銘柄

Ethereum(イーサリアム)とは

Ethereum(イーサリアム)は当時19歳だったカナダ人の

ヴィタリック・ブテリン氏によって考案された仮想通貨です。

2021 Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)はDApps(分散型アプリケーション)の

プラットフォームのために開発された仮想通貨です。

Ethereum(イーサリアム)は、Bitcoin(ビットコイン)に次ぐ時価総額を占めています。

ヴィタリックはBitcoin(ビットコイン)が電卓なら

Ethereum(イーサリアム)はスマホだと言っています。

電卓:計算することしかできない
スマホ:アプリをダウンロードすることで無限に機能が広がる

Ethereum(イーサリアム)は、

開発者がアプリを開発して公開することで無限に機能が広がっていきます。

Ethereum(イーサリアム)はスマートコントラクトと呼ばれる機能を利用することで、

利用して開発者が新たな種類のアプリケーションを

Ethereum(イーサリアム)上に構築することができます。

これを分散型アプリケーション(dapps)と呼びます。

Ethereum(イーサリアム)は、

Bitcoin(ビットコイン)とは異なる立ち位置になっていきます。

Bitcoin(ビットコイン)Ethereum(イーサリアム)
価値の保存手段
コモディティ
キャピタルアセット

Ethereum(イーサリアム)は最終的には、

キャピタルアセット、コモディティ、価値の保存手段という

3つの資産クラスが組み合わさる初めての資産になる可能性があります。

通貨名Ethereum
ティッカーシンボルETH
価格価格はこちら

Ethereum(イーサリアム)の機能

Ethereum(イーサリアム)の機能
  • スマートコントラクト
  • Dapps(分散型アプリケーション)
  • 新しいトークンを発行できる
要チェック!!

スマートコントラクト

Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトとは、

ブロックチェーン上で契約を自動執行することができる仕組みのことです。

ブロックチェーン上に記述することで、

・契約の透明性が保たれる
・第三者を仲介させない

ということでコストが削減することができるメリットがあります。

身近な例で言うと自動販売機にお金を入れることで、商品が取り出せるようになりますが、

それはお金を入れるという条件を満たすことで自動的に商品が出てくるという

契約が実行されています。

Dapps(分散型アプリケーション)

Ethereum(イーサリアム)のDapps(分散型アプリケーション)とは、

中央集権者がいないアプリケーションシステムのことです。

特定の中央管理者が必要ではないアプリケーションのことを言い、

アプリケーションのデータや仕様変更は利用者全員が意思決定に参加することが可能です。

Ethereum(イーサリアム)のアプリは当然ですが、

ETHがなければ動かすことができません。

つまり、ETHはアプリを動かす燃料であることから

デジタル・オイルと言われることもあります。

Ethereum(イーサリアム)の報酬はETHでしか支払うことができないので、

この先の使用用途が明確にある仮想通貨ということになります。

新しいトークンを発行できる

Ethereum(イーサリアム)は新しいトークンを発行できます。

Ethereum(イーサリアム)はERC20という一定の規格を用いて発行されており、

この規格を用いれば新規通貨を発行することが可能です。

イーサリアム(ETH)は新しいトークンを発行することができる特徴があります。

新しい仮想通貨はEthereum(イーサリアム)の

プラットフォームで発行することが可能です。

Ethereum(イーサリアム)の今後の見通しや将来性

Ethereum(イーサリアム)の今後の見通しや将来性
  • DeFi(分散型金融)の人気の高まり
  • NFTやメタバースの需要
  • Burn(バーン)による希少性
要チェック!!

DeFi(分散型金融)の人気の高まり

Ethereum(イーサリアム)は

2020年にDeFi(分散型金融)の人気の高まりで再び注目が高まっています。

今後日本でもDeFi(分散型金融)の関心が高まることを考えると、

Ethereum(イーサリアム)の需要が大きくなっていきます。

実際にEthereum(イーサリアム)の時価総額が、

世界の全ての銀行の時価総額を超えました。

Ethereum(イーサリアム) 仮想通貨

中央集権型の既存の銀行ではなく、この先DeFi(分散型金融)の需要が大きくなることで、

Ethereum(イーサリアム)の価格高騰にも繋がっていくでしょう。

NFTやメタバースの需要

近年ではブロックチェーンのスマートコントラクトを活用したNFTが話題です。

また、Facebookも積極的に力を入れているメタバースなどにも

Ethereum(イーサリアム)は非常に重要な役割を締めています。

Burn(バーン)による希少性

Ethereum(イーサリアム)は2021年8月に実行されたロンドンの実装によって、

ベースフィーをBurn(バーン)する仕組みが実装されました。

これによってEthereum(イーサリアム)の供給量が減ることによって、

Ethereum(イーサリアム)の総発行量は減少します。

すると、Ethereum(イーサリアム)の希少価値が上昇します。

Ethereum(イーサリアム)の購入方法や買い方

Ethereum(イーサリアム)の購入方法や買い方について説明します。

Ethereum(イーサリアム)のまとめ

Ethereum(イーサリアム)の評価は

  • 知名度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • 将来性
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い
  • オススメ度
    低い
    1
    2
    3
    4
    5
    高い

Ethereum(イーサリアム)はブロックチェーンの発展の不可欠な銘柄です。

だからこそ、もしブロックチェーンの技術などに関心がある場合は、

持っておいて損はない銘柄だと思います。

ポートフォリオにも比重を多めにして持っておいても良いでしょう。

この記事を書いた人
masaya

2016年に仮想通貨とブロックチェーンの魅力に惹かれて
1BTC = 5万円台で投資スタート。
BTC,ETH以外の通貨は長期保有せず、
トレードはスイングで中期的にトレード。
2021年に含み億り人達成。
過去の経験と知識からこれから仮想通貨に投資する
初心者たちにわかりやすく解説します。

masayaをフォローする
Crypto Hacker Community

Crypto Hacker Communityは、

仮想通貨好きの
仮想通貨好きによる
仮想通貨好きのための

コミュニティを運営しています。

・仮想通貨に興味があるけど何から手をつけたらいいかわからない…。
・ブロックチェーンの技術をもっと知りたいけど専門的でわからない…。
・仮想通貨の投資をもっと知りたいけど詐欺に騙されたくない…。

と一つでも当てはまったらぜひ参加してください。

・トレードをもっと学んでいくことができる!!
・NFTアートを作っていくことができる!!
・ブロックチェーンゲームで稼いでいくことができる!!
・仮想通貨の情報をもっと知ることができる!!

興味がある方はボタンを押して詳細を見てください!!

BaaS銘柄
masayaをフォローする
Crypto Hacker

コメント

タイトルとURLをコピーしました